2006.12.5〜 オーストラリア/エアーズロック(ウルル)その1

通貨 オーストラリアドル どこにある国?・・・ココ↓
物価 いったときは円安だったのでちょっと高かったなぁ。
体感治安度 ★★★★★。管理された観光地。ちょっと高め。危険と言ったら猛獣(いれば)だけ?(笑
人の良さ ★★★★。落ち着いていてスマートな印象でした。
総合点 う・・・★★★★。 オーストラリアというとちょっと異国情緒ないかなーという印象ですが、
ここは独特の雰囲気で滞在がとても楽しかったです!
  た・・・★★★★。砂漠の中にある巨大な岩。とっても不思議で神秘的でした。
乾いて暑い気候も印象的です。
滞在日数 3 nights
( 12/5〜12/8)
泊まったホテル ロストキャメル
この国の代表的な食べ物 カンガルー、ワニ?
主な観光・訪問地

スピリットオブウルル(朝日のツアー)、カタジュタ(風の谷のツアー)&BBQ、
マラウォーク、キャメルウォーク(夕日)、ナイトスカイショー
ゲッコーズカフェ、ホワイトガム(レストラン)、ジャパンデスク、スーパー、売店

 
写真の順序はコメント頭に記載
 
 オーストラリア(エアーズロック)その2へ≫
 
エアーズロックは完全に管理された観光地で、エアーズロックリゾートにしか泊まれません。
といってもそこしか泊まるところもないけど。。
ここで宿が決まってないとエアーズロックに行けないのです。
私達は中級クラスのロストキャメルというホテルにしました。狭いけどこじゃれた感じでまぁまぁです。

レストランや売店、スーパーなどもこの一角に全てあり、用を足します。
あとウルル(エアーズロック)やカタジュタ(風の谷)に行くのも基本ツアーを利用します。
足がないし、その方が便利な感じです。
私達は朝日のウルルを見るツアーとカタジュタのウォーキング、星空を見るツアー、ラクダに乗って夕日の中を歩くツアーに申込みました。
ほとんど朝食や夕食がついています。
あとジャパンデスクもあり、日本人が手配してくれてホテルまで送迎ありなので楽ちんです。
まぁ値段の問題とかもありますが、こういうのは楽で安全でちゃんと見て回れる方がいいと思います。

乾燥していて、暑くて日差しが強い。
歩いてまわるツアーなんかはかなり体力勝負だし、脱水にならないように水分をきちんと取る必要があります。
でもチラホラ生えた緑とそこに住む動物たち、そして自然と共に暮らすアボリジニがいるのです。

ウルルはアボリジニにとって当たり前でしょうが、聖地なのだそうです。
登ることは基本的にしないし、神のような存在なのだそうで私達はウルル登頂は止めました。
この土地に古くから住んでいる人達の意志を大事にすべきだと考えました。
こういうところうっちゃんと意見がよくあって、いいなーと思います。

いろいろなツアーに参加して、ラクダにも乗れたし変わった食事(カンガルーとかワニとか)もできたし、いろいろな体験ができて満足。
ウルルもカタジュタももちろん美しく、すごかったです!
 
 オーストラリア(エアーズロック)のブログのページ≫  うっちゃん  たけうっちゃん