2006.10.21〜 エクアドル(ガラパゴス)その3 
 
写真の順序はコメント頭に記載
 
 エクアドル(ガラパゴス)その1へ≫     その2へ≫     その4へ≫     動物編へ≫
 


以下は4泊5日のスケジュールです。なかなか盛りだくさんでしょ??

島 名

上陸/観光ポイント

島の概要/その他

主に見られる生物
(植=植物)
10月21日


バルトラ島
(Baltra)
面積:27ku
標高:100m
"ガラパゴス空港
13:30乗船"

ガラパゴスの空の玄関、飛行場のある小島。第二次世界大戦中にエクアドルはアメリカにこの島を軍事使用で提供した歴史があり、現在もエクアドル海軍が駐留して空港・港湾施設の管理をしている。
バルトラ港にてガラパゴス・エクスプローラーU号に上船。


 
  サンタ・クルス島
(Santa Cruz)
面積:986ku
標高:864m
"16:00ー18:30
ドラゴン・ヒル"
(Dragon Hill)
上陸:ドライランディング

サンタ・クルス島北西端にある上陸ポイント。この地域一帯はリクイグアナの保護区として広い範囲をフェンスで囲み自然の生息地として保全している。諸島内でも体の黄色が鮮やかで大きなリクイグアナが多い。
上陸する海岸に近いラグーンには水鳥が羽を休める。


リクイグアナ
フラミンゴ
巨大なウチワサボテン
パロサント(植)
    ○ウェルカムカクテル、ブリーフィング
   
10月22日

バルトロメ島
(Bartolome)
面積:1.2ku
標高:114m


8:00ー11:30
サミットトレイル
上陸:ドライランディング
ビーチ
上陸:ウエットランディング

"サミットトレイルは途中354段の階段を含む頂上までの登坂道。頂上からは360度の眺望が楽しめる景勝地。砂浜に隣接するピナクルロックの周辺はガラパゴスペンギンの生息地で、ボートで洋上から探しながら観察できる。ビーチでは海水浴が楽しめる。
○シュノーケリング"

アシカ
ガラパゴスペンギン
アオアシカツオドリ
ペリカン
ヨウガントカゲ
ウミイグアナ
ヨウガンサボテン(植)
ソルトブッシュ(植)
  サンティアゴ島
(Santiago)
別名:ジェームス島
面積:585ku
標高:907m


15:00ー18:30
プエルト・エガス
(Puerto Egas)
上陸:ウエットランディング

かつて製塩業者が入植した歴史のある島で、今も当時の廃屋が残る。海岸は溶岩が流れ出て海水で急に冷えて固まった自然のブリッジやアシカが我が物顔で泳ぐプールができている。アシカに混ざって数少ないガラパゴスオットセイが見られる島でもある。


ガラパゴスオットセイ
ガラパゴスアシカ
ウミイグアナ
ダーウィンフィンチ
ガラパゴスシラガゴイ
ペリカン
ミヤコドリ
ガラパゴスササゴイ
ベニイワガニ
    ○夕食、ブリーフィング
   
10月23日

フェルナンディナ島
(Fernandina)
面積:642ku
標高:1494m


8;00ー11:30
プンタ・エスピノーサ
(Punta Espinosa)
上陸:ドライランディング
(満潮時はウエットランディング)

ガラパゴスコバネウとガラパゴスペンギンが手厚く保護された生息地で、諸島内で一番数多く見ることができる。ウミイグアナは諸島内で一番大きな種類が群生する姿を見られる。新しい島なので、火山島の創生期を彷彿する溶岩の観察も楽しい上陸地である。

ガラパゴスペンギン
ガラパゴスコバネウ
アオアシカツオドリ
ウミイグアナ
アシカ、ベニイワガニ
ヨウガンサボテン(植)
    14:00ー15:00
○デッキから海を見られる
 希望者はシュノーケリング
   
  イサベラ島
(Isabela)
面積:4588ku
標高:1707m
16:45ー17:45
プンタ・ビセンテ・ロカ
(Punta Vicente Roca)

赤道直下に最も近い観察地、ボートで洋上から見学海鳥が飛び交う高さが150mにも及ぶそそり立つような断崖に囲まれた入江にボートで入って行くと、底が浅くなるので海の中の生き物もタイミング次第でエイやウミガメ、サメなどが見られる。

エイ、ウミガメ
アオアシカツオドリ
ガラパゴスコバネウ

    18:00−19:30
○赤道通過のお祝い
19:30ー20:00
○ブリーフィング
   
10月24日


ノース・セイモア島
(North Seymour)
面積:1.9ku
標高:30m

"8:30ー11:30
上陸:ドライランディング"


ガラパゴスのもう一つの空港があるバルトラ島の北隣に位置し、海底から隆起してできた小島。島の南面にある波打ち際の岩場から上陸、上に登ると平地に出る。パロサントの林の中にオオグンカンドリやアメリカグンカンドリ、アオアシカツオドリのコロニーが見られる。1932年にバルトラ島から持ち込まれたリクイグアナが生息する。ゾウガメが居ないのでウチワサボテンは幹が他の島のように樹木化せず背が低い。


アメリカグンカンドリ
アオアシカツオドリ、
リクイグアナ
ウミイグアナ、
アシカ、アカメカモメ
ウチワサボテン(植)
パロサント(植)
    ○図書室へ
   
  サンタ・クルス島
(Santa Cruz)
面積:986ku
標高:864m
14:00ー18:30
サンタ・クルス島ハイランド
(Highland)

"サンタクルス島内陸部の海抜の高いハイランド地区はゾウガメ保護区になっていて、自然のゾウガメが棲息する。隣接している農牧地にもゾウガメが見られるので散策。ハイランドの気候は低地と異なり降雨量も多いので植物相も異なる。
○トンネル見学、おみやげ屋さん"

ガラパゴスゾウガメ(自然)
フィンチ、
ガラパゴスムシクイ
高木化したスカレシア(植)
    ○ブリーフィング
   
10月25日

サン・クリストバル島
"(San Cristobal)
面積:558ku
標高:730m"
8:30ー11:00
"プエルト・バケリソ・モレノ
(Puerto Baquerizo Moreno)
上陸:ドライランディング"
1998年に町にオープンしたガラパゴスの歴史や自然保護に関する展示物を公開する「インタ−プリテーション・センター」(ガラパゴス資料センター)を見学。見学後、出発までのひと時を土産物屋が並ぶ町で過ごすのでショッピングも楽しめる。
 



クルーズ、船の施設、経路など以下参照↓
http://www.galapagos.co.jp/cruise/explorer.html