2006.10.6〜 スイス
   (氷河急行、ベルニナ急行(ツェルマット→サンモリッツ→ティラノ))その1

通貨 スイスフラン どこにある国?・・・ココ↓
物価 結構高い。
体感治安度 ★★★★。ここまでのスイスの都市と比べたら何となく。イタリア国境はちょっと緊張。
人の良さ ★★★★。ここももちろん良かったです!
総合点 う・・・★★★★。電車と食事と景色。最強コンボ!特にベルニナ急行はお気に入り〜。
  た・・・★★★★。スイスでは電車に乗るのが目的のひとつでした。
豪華な電車できれいな景色。念願叶ってよかった〜
滞在日数 1 nights
(10/6〜10/7)
泊まったホテル サンモリッツで滞在:Soldanella
この地方の代表的な食物 チーズフォンデュ、トマトフォンデュ、レシュティなど
主な観光・訪問地

氷河急行で8時間の電車の旅、サンモリッツ、
ベルニナ急行で2時間の電車の旅(スイスからイタリアへ国境越え)

 
写真の順序はコメント頭に記載
 
 スイス(氷河急行、ベルニナ急行(ツェルマット→サンモリッツ→ティラノ))その2へ≫
 

この旅の目的のひとつでもあった氷河急行。
日本でプランを立ててスイスの主要どころの都市を定め観光して来ました。
日本では日程が定かではなかったのでチケットをとらなかったら、現地で氷河急行のチケットを取るのは一苦労。
スイス以外のユーロの国では難しく、冷や冷やしながらスイスで何とか取りました。
でも満席ではなかったようなので間に合って良かった!

氷河急行の電車は有名なだけあって、電車も綺麗だしサービスもいろいろ。
乗っている人はみんな張り切って写真を撮ったり、景色に一喜一憂します。
ガイドアナウンスもついてるし、8時間も電車に乗っているだけあって食事やお酒、コーヒーのサービスも充実。
窓から見える景色はアルプスの少女ハイジの世界ですよ。氷河はほとんど見えないけど、草地と山と家がいかにもって感じで素敵。
厳しい大地を開墾して山と暮らしている人々に感動です。

そして終点のサンモリッツもまた素敵な街です。
高級リゾート地らしく、泊まったホテルもかなりすごかった。
かっこよくて快適☆
サンモリッツは年間で平均322日晴れるらしいけど、着いた日は雨。とても寒かった。。
でも山と湖の景色は最高で、夕暮れ時の光が美しかったです。

サンモリッツではホテルからほとんど出ることなく、翌日にまたベルニナ急行という電車で移動。人気急上昇の電車らしい。
氷河急行に比べて時間も短く手軽で、氷河も見えるという電車。
標高が高くなるにつれて雨が雪に変わり、その変わっていく様は幻想的でした。

終点はイタリア、ティラノ。国境を越えたのでついた駅で現地人以外の外国人は警察の審査が。。
ちょっと怖かったけど、パスポートに電車マークの判子が押されてちょっとレアな感じでした。
長〜い電車の旅、存分に楽しめました☆

 
 スイス(チューリッヒ→インターラーケン→グリンデルワルト)のブログのページ≫  うっちゃん たけうっちゃん