2006.9.7〜 フランス(マコン) その1

通貨 ユーロ どこにある国?・・・ココ↓
物価 パリと同じ感じでヨーロッパ内では平均かやや高い方。
体感治安度 ★★★★★。
人の良さ ★★★★★。
総合点 う・・・★★★★★。のんびり過ごすには最高の場所。気候もいいし水もきれいで動物に囲まれて。
こういうところで将来暮らしたい??
  た・・・★★★★★。とても静かで素敵な場所でした。また行きたい!!
滞在日数 2 nights
(9/7〜9/9)
泊まったホテル マコン:Le Moulin de Macon
この国の代表的な食べ物 ブルゴーニュ地方では、赤ワインを使った煮込み料理、
エスカルゴ、パセリとハムのテリーヌなど美食の地。
ここではソーリューのレストランでおいしいご飯を食べました!
あとはパンがやっぱりおいしいです☆
主な観光・訪問地

モンバー、ソーリューの町
近くの湖、自然公園など

 
写真の順序はコメント頭に記載
 
 フランス(マコン)その2へ≫
 
パリのクレジットカードヘルプデスクの人が紹介してくれた数年前の『FIGARO』に載っていた農村宿泊特集。
グリーンツーリズムが大きなテーマだったわりにほとんど情報が無かった私達。
雑誌を見させてもらって、ここがいい!!と思ったのが『Le Moulin de Macon』でした。
夕食は提供できないし、今までやっていたケータリングも無くなったと言われ4泊はしようと思っていたのに2泊に抑えました。
夕食2回抜いてもいいっ!!くらいの気持ちで。

でも何とかレンタカーも借りることができて、こちらでの滞在は本当に楽しかった〜
オーナーのジュリ(イギリス出身でフランス人と結婚してこちらを経営)は本当に心配りが素敵な女性でした。
その愛情の深さは一緒に住んでいる動物たちを見てるとわかります。生き物は愛情をうけるとこんなにかわいらしくなるんだなぁと実感しました。
お客さんはお家に遊びに来てくれたゲストというつもりでおもてなし。同じ空間に一緒に暮らす数日。
あぁ素敵だな〜としみじみ。ここでの滞在は私達にかなりの刺激をくれました。
近くのソーリューの町も小さくて親しみが持てました。
近くの湖も本当に美しくて、もっと滞在したかった〜〜

またいつか行きたいです!


グリーンツーリズム特集ページで建物や雰囲気がもう少しわかるように写真を選んでいます。
そちらも見てね〜(現在作成中☆)
 
 フランス(マコン)のブログのページ≫  うっちゃん  たけうっちゃん