2006.8.31〜 スペインその3/バルセロナその1

通貨 ユーロ どこにある国?・・・ココ↓
物価 ヨーロッパ内でやや安い方?南に行けば安いのかな?
体感治安度 ★★★★。観光地が多いせいか明るい印象の街でした。
人の良さ ★★★。平和でした。いい人多かったです。
総合点 う・・・★★★。スベインの味が出ている観光地、という印象でした。過ごしやすくて良かった!
  た・・・★★★★。とにかくガウディです。本当に感動した。
バルセロナは情熱に満ちていてとてもエネルギーを感じました。
滞在日数 3 nights
( 8/31〜9/3)
泊まったホテル lleo
この国の代表的な食べ物 ガスパッチョ・生ハム・スペインオムレツ・パエリア・サルスエラ・サングリアなど
レストラン:ボッチ・ダ・ラ・サルダーニャ/小雪/オスタル・デ・リタ(お勧め)
バルセロナでは地元料理を食べました!その他サルスエラなども
主な観光・訪問地

カサ・ミラ、サグラダ・ファミリア、グエル公園、カサ・パトリョ、カテドラル、海岸など
カテドラルエリア、BarcelonaBusTurisric(観光バス)
電気屋、エルコルテイングレス

 
写真の順序はコメント頭に記載
 
 スペイン(バルセロナ)その2へ≫
 
トマト祭りの余韻が忘れられないまま、バルセロナへ突入。私はトマトかぶれをしていました。
バルセロナは海辺の街で、オリンピックもあったからか整備された新しい街という印象。
またスペインの他の街と違っていました。
あちらこちらにいろいろな芸術家の作品に溢れ、何か新しいものを作ってやると挑戦していった人達のエネルギーや、それを受け入れた自由さのある街でした。
街を巡るバスに乗り、エリア毎に全然違う顔を見せるバルセロナを感じて衝撃を受けました。
そしてなんと言っても、サグラダ・ファミリア。その他ガウディの作品。すごすぎる。。
ガウディの日本語の絵本を買って、彼のお話を読んだらさらに感動。こんな人いるんですね〜

スペイン料理は日本人の口に合うようでご飯は基本的においしいです。
たけうっちゃんはここで誕生日を迎え、忘れられない誕生日になりました。素敵ですね〜

郵便局で荷物を送ろうと思ったら、日本人に出会い声をかけてもらいました。
夕食を一緒に食べて、引っ込み思案の私達には数少ない出会いでした〜

バルセロナ、また行きたいです☆
 
 スペイン(バルセロナ)のブログのページ≫  うっちゃん  たけうっちゃん